血圧を測定される人
  • ホーム
  • 高血圧治療の第一選択薬、ノルバスクの副作用は発汗

高血圧治療の第一選択薬、ノルバスクの副作用は発汗

血圧を測定される人

本態性高血圧の第一選択薬として幅広く使用されているお薬にノルバスクというカルシウム拮抗薬があります。
人間の身体には、血圧が必要以上に下がらないように血管を収縮させて、血圧を高める機能が備わっています。
その、血管を収縮させるときに、血管の細胞の中にカルシウムが流入するのですが、ノルバスクはカルシウムの代わりにその細胞にとりついて、カルシウムが細胞の中に入り込まないように阻害してくれます。
その結果、血管の収縮が押さえられ、血圧を低下させることができるのです。
このような機序によってノルバスクは血管を拡張し、血圧を低下させるのですが、副作用が少なく使いやすいお薬であるため、高血圧治療に第一選択薬になっています。

しかし、副作用が少ないといっても全くないわけではありません。
起こりやすい副作用としては、全身の毛細血管が拡張するので、拡張した血管のせいで顔が赤く見える「顔面紅潮」や、血圧が下がりすぎて起こる「頭痛」などがあります。
また、血管が拡張するので下半身に血管から流れ出た水分がたまる「下肢の浮腫」や「歯肉肥厚」なども多いでしょう。
そのほか、血圧が下がりすぎたときに低血圧の症状である、震えや発汗、悪心(気持ち悪い)、めまい・立ちくらみなどの症状が起こる場合があります。
ちなみにこの場合の発汗は、暑くてダラダラと流れ出る汗というよりも、べったりと全身に滲み出る「冷や汗」の方になります。

ノルバスクの服用中にこれらの症状が現れた場合は、薬の種類や服用量が自分に合っていない可能性があります。
高血圧の治療薬は現在、ノルバスク以外にもいろいろな種類が出ていますので、一度医師に診察してもらい、自分に合った薬へ処方を調整してもらうのも良いでしょう。

関連記事